【インド夫婦の日】今年のカルバチョートは11月4日

インドではナヴアラートリが終わりこれからお祭りシーズンが始まります。インドでは新年に当たるほどのお祭りディワリ前にあるイベントを見ていきます。 

夫婦一大イベントお祭りカルバチョートです。   

インドヒンズー教のお祭りで夫婦の日として知られています。 

毎年10月前後の満月から4日たった日に行われ毎年日にちはピンズー教の暦により変わります。

どんなものかというと既婚女性が月が出るまで断食して 、 

月が出ると旦那さんから食事を食べさせてもらいます。 

断食する事で旦那さんの長寿や幸せを運ぶと言われています。 

日が出る前には義理の母親が作った食事をします。月が出るまで何も口にできないのでかなりインド人にとっては過酷で、旦那さんはその日はなるべく早くオフィスを離れます。   

女性は着飾って、ペイントアートのヘナをします。

夜月が出るとザルを通して月を見上げます。

この元の話をyou tube で見る事ができます。    

元のストーリー

昔、ヴィーラヴァティという名前の美しい王女が住んでいました。彼女が結婚可能な年齢だったとき、ヴィーラヴァティは王と結婚していました。結婚後 

カルバチョートの日に彼女は実家に行きました。

日の出後、彼女は厳しい断食をしましたが、しかし、女王はあまりにも繊細で、断食の厳しさに耐えられませんでした。夕方までに、ヴィーラヴァティは弱すぎて気を失いかけていました。女王には7人の兄弟がいました。彼らは妹を見ていられなくなり耐えられず、彼女を嘘の月を見せる事によって彼女を断食を終わらせようとします。 

彼らは近くの丘で火事を起こし、妹に輝きを見るように頼んだ。月明かりだと確信し、月が昇ったので、彼女は食事をしました。 

すると王が死んだことを彼女に知らせにきましま。しかし、女王が女神パルヴァティに後悔して許しを求めると、女神は王が復活するが病気になるという恩恵を彼女に与えました。