【インドの衝撃】素手で油に触れる達人がいるフィッシュティカのお店

2020年6月10日

デリーバックパッカーの聖地パールガンジーのお隣カロルバーグには高温の油の中に素手で魚を揚げる衝撃のお店があります。 

1960年代にスタートしたお店ガネーシャです。 

開店は夕方から、夜11時までですがいつ行っても人が並んでいます。特にご飯時9時以降は行列ができています。 

お爺さんの代から商売を続けられていて、特にデリーでは海と隣接してないため、ゴアや、ケーララに比べ海鮮が手に入りにくいため、新鮮な魚料理ならここ!という口コミ店としても知られています。   

魚を衣につけて油でさっくりあげたフィッシュティッカが有名です。  

マスタードオイルを使用してさっくり揚げていて、他のメニューはマトンカバブ、チキンカバブ、卵のパコラなどもあります。   

魚の種類は季節によって異なり、夏の間はシンガラ魚で寒い日になると彼らはスルマイ魚を使用するそうです。オーナーは、オリッサやグジャラートの川などからとれた新鮮な魚が食べれるそうです。

1分前後くらいからでてきます。

Ganesha

Address: 2300, Arya Samaj Rd, Ghaffar Market, Block 24N, Beadonpura, Karol Bagh, New Delhi, Delhi 110005

Timings:  4PM – 11 PM

Phone: 098101 2122

Cost: Fish Fry ₹ 350 (250 gm