【インド民族衣装】サリーのブラウスデザイン

インドに来て、女性が憧れるのはサリーを買ったり、仕立てたりする事です。インドに来て分かる事ですが、サリーを購入してもすぐには切れません。 

サイズに合わせテーラーに仕立ててもらう必要があります。

ブラウス、ペチコート、サリーの生地が必要となり、サリー生地は5mの一枚布になり端を解けないように縫います。

また同じ記事内にブラウス用の生地がくっついてあるためその生地でブラウスもしたてますが、最近ではそれをシンプルなデザインのブラウスではなく色々デザインをアレンジしたりノースリブや、背中を大きく開けるデザインにしたりするのが流行りです。

デリーで富裕層が普段着としてサリーを着ることはありません。パーティーや、結婚式にのみにきますが、どれだけすごいデザインかこぞって個性的なデザインにしようとトレンドを調べたりします。 

今回は日本人でもテーラーにサンプルさえ見せれば似たデザインを作ってくれる為、ブラウスデザインを集めています。 

https://www.google.co.jp/amp/s/www.southindiafashion.com/2018/01/blouse-neck-designs-trends-2018.html%3famp

https://www.kalkifashion.com/saree-blouses.html