【インドの国際映画祭】インドフィルムフェスティバル

2020年5月25日

映画大国インドは、年間900本以上作られると言われています。 

有名な俳優であれば2.3本出演し、超一流のアミダーバッチャンは平均年間4.5本 は、出演します。 

今回は、インドフィルムフェスティバルについてまとめてます。 

デリー

http://delhiinternationalfilmfestival.com/filmfestival/

ゴア国際映画祭 

 ノイダhttp://miniboxoffice.com/noidainternationalfilmfestival/

ジャイプールhttp://www.jiffindia.org

 チェンナイhttps://chennaifilmfest.com

バンガロールhttps://biffes.in

プネーhttps://www.piffindia.com

ケーララ

https://festhome.com/ja/festival/international-film-festival-of-kerala-2

ムンバイ国際映画祭 – Mumbai International Film Festival

ムンバイ(旧ボンベイ)で開催されるボンベイ国際映画祭の公式サイトです。 ドキュメンタリー、短編、アニメーション映画など。

カルカッタ映画祭 – Kolkata Film Festival

コルカタで開催されるコルカタ映画祭の公式サイトで 

第50回IFFI の様子

インドは公用語が27語以上もあり、方言なども含めて600以上になります。 

ほとんど州ごとに異なる言語が話されているインドでは、 映画マーケットも言語ごとにあります。 

特に有名な俳優は、のは北インド代表は、アミダーバッチャン(ヒンディー語の映画)

南の俳優ラジニカーン(タミルナドゥ語の映画)は、絶大なる支持が有ります。