【インドの美術館】インドデリーで社会見学ミュージアムまとめ

1. ナショナルミュージアム /National Museum

インド最大の美術館の1つである国立博物館には、先史時代から現代の芸術作品まで、さまざまな記事が収められています。
考古学、写本、貨幣学と叙事詩、絵画、武器と装甲、装飾芸術を含む(ただしこれらに限定されない)博物館のさまざまな部門を見ることができます。

中は3つのゾーンに分かれてあり、ゆっくり見るなら約2時間くらいかかる。土産売り場、カフェも併設されています。


 場所: Janpath, New Delhi 

 時間:午前10時〜午後6時

 入場料:Rs650(音声ガイダンス付き)

2.ナショナルレールミュージアム/National Rail Museum

主な展示品は、蒸気モノレールであるパティアラステートモノレイルウェイ、世界最古の機関車であるフェアリークイーン、プリンスオブウェールズのサルーンなどがあります。 

乗り物毎に別料金を支払うか、 パッケージで払うか選べます。


 場所:National Rail Museum, Chanakyapuri, 

NEW DELHI

 時間:午前10時から午後5時(月曜日は休業)

 入場料:平日/大人Rs.50 子供Rs.10

週末/大人Rs100 子供Rs20

3.ナショナルギャラリーオブモダンアート/National Gallery of Modern Art

世界最大の近代美術館の1つである1954年に設立されました。Raja Ravi Verma、Rabindranath Tagore、Amrita Sher-Gil、などのアーティストによる1700以上の作品が収められています。 またフセイン、ジャミニロイ、その他の国際的なアーティストも展示されています。最も古い作品のいくつかは、1800年代に遡ります。


 場所:Shershah Road Near India Gate Jaipur House, New Delhi, Delhi 110003

 時間:午前11時から午後6時30分(月曜日は休業)

 入場料:Rs500  

4.デリーメトロ/Delhi Metro Museum 

デリー地下鉄博物館は南アジア初の地下鉄博物館であり、Ptael Chowk地下鉄駅にあります。 博物館は、デリーメトロの構想や過程で直面する課題をたどっています。 デリーメトロ博物館には、プロジェクトが期限前に完了したことを保証する管理と作業スタイルも表示されます。

博物館には、建設中に遭遇した課題に関する詳細なセクションと、世界で2番目に深い地下鉄駅であるチャウリバザール地下鉄駅の建設の背景などを学ぶことができます。


 場所:20, Ashoka Rd, Janpath, Sansad Marg Area, New Delhi, Delhi 

 時間:午前10時から午後4時(月曜日は休業)

 入場料:無料

5.インディアンエアフォースミュージアム/Indian Air Force Museum  


軍隊や空軍の歴史がわかるエアフォースミュージアムはパラム空軍基地にあります。 

民間人の立ち入りは許可されていて、ブート費用は無料です。 格納庫には小型航空機と空軍の目録が表示され、ギャラリーには戦争トロフィー、レーダー車両、記念品などが収容されています。

 場所: Palam, New Delhi, Delhi

 時間:午前10時から午後5時(月曜日と火曜日は休業)

 入場料:無料

6.スラブインターナショナルミュージアムオブトイレット/Sulabh International Museum Of Toilets 

デリーで最もユニークな博物館の1つトイレミュージアムです。

トイレの進化を追跡し、社会学者、社会改革者、スラブ衛生運動の創設者であるビンデシュワル・パサック博士によって設立されました。 世界中の衛生問題に関する調査の元後に設立されました。   

 場所:Sulabh Bhawan, RZ-83, Palam – Dabri Marg, Mahavir Enclave, New Delhi, Delhi 

 時間:日曜日 午前8時から午後8時

平日 午前10時から午後5時

 入場料:無料 

7. ナショナルハンディクラフトアンドハンドルームミュージアム /National Handicrafts & Handlooms Museum

デリーで最大の工芸博物館の1つである国立手工芸博物館は、テキスタイル愛好家や、全国の真にユニークな作品が見れます。 

30年以上にわたって設立されたこの博物館には、部族および農村工芸ギャラリー、宮廷工芸ギャラリー、大衆文化ギャラリーなど、さまざまなギャラリーがあります。 これらの家には貴金属ジュエリー、珍しい刺繍、何世紀も昔の織物があります。 博物館には、村の生活が見れる複合施設があります。

場所: Pragati Maidan Bhairon Marg, Pragati Maidan, New Delhi,

時間: 10 AM to 5 PM (Closed on Mondays)

入場料: Rs. 20 to Rs. 200  

8. インディアン ワォー メモリアルミュージアム/Indian War Memorial Museum

レッドフォート内にあるインド戦争記念博物館は、第一次世界大戦に参加した兵士へのオマージュとして建設されました。インドの第一次世界大戦と第二次世界大戦への参加に関連するオブジェクトや写真を展示するギャラリーがあります。また、短剣やグプティスなどの中世および古代のアイテムや伝統的な武器も展示されています。

 場所:Red Fort Campus, Old Delhi, New Delhi, Delhi 

 時間:午前9時から午後5時(月曜日は休業)

 入場料:無料

9.ナショナルサイエンスセンター/ National Science Centre 


科学博物館である国立科学センターは4つのフロアに展示されており、科学技術遺産、ヒューマンバイオロジー、ファンサイエンス-インタラクティブな展示があり、3D映画館もあります。 

場所: Bhairon Marg, Near Gate No.1, Pragati Maidan, New Delhi

時間: 9:30 AM to 6 PM 

入場料: Rs. 5 to Rs. 60 

10.ネループラネタリウム/Nehru Planetariumhttp://nehruplanetarium.org

は正式にネルー記念博物館と図書館の棟であるため、この見出しを読んで混乱しないでください。 前者には、太陽系と宇宙について訪問者を教育する革新的で楽しいプログラムがあります-学生としてプラネタリウムを訪れ、宇宙ショーに魅了されたことを覚えているでしょう! 一方、後者は、インド独立運動を保存および再構築することを目的としているため、歴史愛好家、学生、観光客にとっても素晴らしいものです。 さらに、研究に興味のある人は、必要なテキスト、特にジャーナル、学位論文、レポートなどを含む労働問題に関するテキストの素晴らしいリポジトリであるため、ここでライブラリをチェックアウトする必要があります。

 場所:Nehru Centre, Dr Annie Besant Rd, Lotus Colony, Worli, Mumbai, Maharashtra 

 時期:午前9時から午後5時30分(月曜日は休業)

 入場料:博物館と図書館は無料

11.インディラガンディーメモリアルミュージアム/Indira Gandhi Memorial Museum 

ネールガンディ一家、インディラガンディーの暗殺に関する新聞記事、ペン、衣服、バッグなどのオブジェクトが収められています。 博物館はガイド付きツアーもあります。

場所:1, Safdarjung Rd, Near, Delhi Gymkhana Club, New Delhi, Delhi 

時間: 9:30 AM to 4:45 PM (Closed on Mondays)

入場料: 無料