【 インド結婚式 】 インドで合同結婚式

2020年1月28日

年末にグジャラート州スーラトで 父親がいないや娘の結婚式をしてあげられなた女性の為に合同結婚式が行われました。 

このスポンサーはダイヤモンドで成功を収めた、マヘシュサバニ氏が慈善活動として2010年から始めたものです。今年は271人の花嫁が結婚しました。 

スーラトに拠点を置くビジネスマンマヘシュサバニ氏は、今迄に2,000人の娘さんを結婚させたそうです。

実際インドではダウリーといって、結構で欠かせない持参金制度がある。

娘を嫁がせるときに父親は多額の持参金や持参品を夫となる男性に支払う習慣がある。

娘が3人も続くとどんな金持ちでも破産すると言われているインドの悪癖でこれは「マヌ法典」で記されたものから解釈され、伝統化されたものだと言われている。 

中級以下のクラスで約300万位を結婚式で使う為、インド人にとっては一生のイベントとなる。 相手にお金の代わりに新車の車種を聞いて買い与えたり家具などを用意したりする。 

約70パーセントはお見合い結婚な為、子供達が結婚するというより親が了承した相手と結婚し、親がお金を用意する習わしがある。

参考