【 インドでレゴ 】 プレミア感がすごいタージマハルレゴ

2020年1月28日

インドにもレゴがあります。なんといっても、大目玉はタージマハルの世界遺産をモデルにしたレゴです。 

値段も約50000Rs(日本円で約7000円くらい)と大人に向けたモデルが出ています。  

コレクターやマニアにとってはもしかしたら安い買い物なのかも知れません。 

インドではEC老舗サイトフリッブカートや、アマゾンで購入できます。  

因みに10年前からタージマハルのレゴが販売されていますが値段が約2.5倍になっている為、将来ますます価格が上がると思いますのでもし購入を検討されている方は今が買い時かも知れません。 

因みに実際の世界遺産タージマハルの入場料は1300Rsくらいなので、本物をインドで見てさらにレゴでいつでもタージマハルを観賞できてとなれば一生の記念になります。 

https://www.amazon.in/Lego-Taj-Mahal-Multi-Color/dp/B077TZTDF6/ref=mp_s_a_1_1?keywords=taj+mahal+lego&qid=1578065996&sr=8-1

転載ここから

ニューデリー:デンマークの小さなプラスチックレンガのメーカーであるレゴは、1台あたり50,000〜60,000ルピーのハイエンドモデルを発売することで、インドでの事業を拡大することを計画しています。 玩具メーカーは、今後3年間で国内でのビジネスを2倍にしようとしているため、単一ブランドの小売店にも注目しています。

 たとえば、レゴの象徴的なモデルの1つであるタージマハルは、約5万ルピーで国内に導入され、同社は数百台の販売を計画しています。 リストの次は、フランスの象徴的な自動車メーカー自身が共同設計した60,000ルピーのブガッティシロンです。 自由の女神や万里の長城など、14のその他の在庫管理ユニット(SKU)が続きます。

 約6,000ブロックを誇るタージマハルは、レゴポートフォリオの中で唯一のセットであり、人気のある需要のためにリニューアルされました。 ブガッティには約3,500個の作品があります。レゴの動きは、世界中の玩具メーカーを探しているときに起こります。  。 Hamleysは現在、インドに約50店舗ありますが、わずか5年前と比べてわずかです。 電子商取引も、玩具のリーチを拡大する上で大きな役割を果たしました。

 転載ここまで

インドでの記事