【インドミネラルウォーター】レベルが高すぎるインドのお水事情

2019年12月5日

日本人は基本的にインドで水道の水や、フィルターウォーターといってレストランで出される無料の水はお腹をこわしやすいため、手を付けません。 

なるべく家でもレストランでもミネラルウォーターを注文します。 

以前はミネラルウォーターの種類も数えるほどしかありませんでしだが、最近ではレストランで、ソフトドリンク並みの値段で出てくるお水があったので、どんなのか調べてみました。 

ブルーパインアルテシアングラススティルインガラス

  サイズ:750 ml |  500 ml | 300ml

  コスト(Rs):220 |  140 | 90

  天然のヒマラヤ山脈の源泉で、アルテシアの水をボトルに入れたブルーパイン。地下深くの帯水層に閉じ込められ、その自然の状態は源泉からボトルまで保護されています。 天然の重要な有機ミネラルを豊富に含むブルーパインは、天然の浄化フィルターとして機能するさまざまな地質岩を通過し、独特の味をもたらす天然ミネラルです。

少し高い方と言われているが支持か高いヒマラヤが750m 45Rsなので4.8倍します。  

もちろんガラスでオシャレな感じな為値段がはりましたが、こちらのように、プラスチックで安価なラインもありました。 

サイズ:1000ml |  500ml | 250ml

 コスト(Rs):65 |  40 | 20

 シルバーパイン、天然ミネラルウォーターは、ウシュトラカンドの南部、トリシュル山のふもとの丘にあるカシプールの小さな町の下に水源があります。 シルバーパインは、さまざまな鉱物層を流れ、できています。  16°Cの一定温度で湧き出て、潤いを与え、微量元素を豊富にします。 これは、花崗岩ベースの帯水層にゆっくりとフィルターをかけたものです。