【ディワリスイーツを知ろう】インド人に贈るディワリスイーツ選び

2019年12月5日

お世話になった人にスイーツやナッツを贈り合います。 

値段などは、気持ちなので、500円くらいから1500円くらいのものを送りましょう。 

 喜ばれるものは

フルーツ、ナッツ、スイーツです。
特にスイーツは、大人子供が大好きで日持ちもする為、是非あげてください。
贈り合うことで、一年が甘くなる
(あなたにとって甘いいい年が過ごせると言う意味合いもあります)

特にインド人に人気のスイーツの種類を簡単に説明していきます。 

ナッツや、デーツの詰め合わせ 

デーツは高級なため特に喜ばれます、

ソンパプディ 

日本でも徐々に人気が出てきている。豆を使った絹のようなふわふわとした不思議な食感が特徴。

グラブジャム 

カステラシロップ漬け 

世界一甘いのではないかと言われるくらい甘いお菓子ですがインド人は大好きです。日本人は1つも平らげる事が出来ませんがインド人はいくつも食べます。

ラスグッラ 

カッテージチーズまたは、セモリナ粉のスポンジをシロップ漬けにしたもの。噛むと中に染み込んだシロップがジュワッと出てきます。

ベースンラッドゥ 

ベースン粉(ひよこ豆の粉)とギー(発酵バター)と大量の砂糖から作られる団子状のクッキーのようなもの。

ドライピータ  

タージマハルで有名な都市アーグラーで有名なお菓子です。 

大根のような野菜を使用して角砂糖で周りを固めたシャキシャキとした歯ざわりがあるお菓子です。デリーでは希少性も高く喜ばれます。

バルフィ 

映画のタイトルにもなったバルフィ 。 

銀紙のようなものが付きひし形の練乳のお菓子です。超定番お菓子ですが、チョコレートバルフィ、バダームバルフィ(アーモンド)ピスタバルフィ(ピスタチオ)など色々種類があります。

ドーダバルフィ 

ココナッツ、カシューナッツ、アーモンド、カルダモンの香りが高く日本人も食べやすいです。 

ナッツ類が入っているため、他のスイーツに比べて割高になりますが、甘さが余りに他とは違う為、人と差をつけたい時にオススメです。