【インドはスーパーフードの宝庫】インドでおススメのスーパーフード6

2019年12月5日

インドでは今大変話題になってセレブリティーなども推奨しているスーパーフードが買えます。 

いろんなブランドから販売され比較的値段も日本で買うより安価です。 

特に話題の6個をあげてみます。

|ターメリック  

肌荒れ、抜け毛、歯を白くする、抗炎症作用抗酸化作用、抗菌作用消毒作用、ニキビ予防、免疫力を高める、喉、風邪予防、傷の炎症、関節の痛みを軽減、脳機能に刺激を与える、ダイエットなど

セレブリティがターメリックラテを飲んでまたまた火がつきはじめてますが、インドではアユルベーダーが浸透しているため、日時的にターメリックは摂取する習慣があります。
インド高級コスメなどでもターメリックの成分が入っている物も多くを使用している為効果が期待できるといえそうです。

|Sabja(サブジャシーズ)  ベイゼルシーズ バジルシード

食物繊維56%、タンパク質14%、脂質14%が含まれています。
そのほかに、ビタミン・ミネラル・鉄分・カルシウム・マグネシウムなどの成分をもちます。
また、脂質はα-リノレン酸を含むオメガ3脂肪酸があります。
筋肉の増強や疲労回復アンチエイジングや生活習慣病、ダイエットに効果があるようです。 

言い方がたくさんありますがインドではサブジャシーズ日本ではバジルシードで販売されています。
チアシードも流行りましたがチアシードに比べバジルシードは水分を吸収すると30倍に膨れ上がります。
味はないためサイズや見た目は、ごまのように小さくシリアルなどに入れてたり食べやすいのが特徴です。

|アジョワインシーズ  

強い殺菌力がありわ肝機能を高める効果や神経を活性化。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダは消化器系・呼吸器系に効果があるとされています。
アジョワンを使えば、消化不良・お腹の張り・下痢など腸に関わる病気や便秘の改善が見られるようです。

インドではスパイスだけでなく、口直しとしてや、クッキー、歯磨き粉としても使用されています。

|モリンガ   

300の病気を予防又、地球上の食べられる植物の中で「最も高い栄養成分を含む植物」とされアーユルヴェーダでは5千年も前から生薬として使用されていました。

インドでは野菜としても売られています。
ドラムスティックと呼ばれいます。 

お茶としても飲まれたり、オイルなど物美容にいいと言われてます。

モリンガの種、幹、枝、葉、花、根、すべての部分に利用価値が高く、特に良いとされる栄養素が90種類にも及び、そして300種類もの効能があるようです。

|蓮の実

便秘の解消デトックス効果疲労回復にも効果的です。滋養強壮にも効果 がある。

蓮の実はインドではロータスシードと呼ばれてます。
生でもたべれますが、インドでは断食で食べられたり、ポップコーンのようにスナックとしても食べられたりします。
アメリカでは健康にいいとすでに大ブームです。

|ギー   

抗酸化作用、免疫機能調整、アレルギーの緩和、抗炎症作用、解熱、疲労回復、血行促進、強壮、傷の治癒、便秘解消、大腸炎や潰瘍の改善など。  

欧米や日本でも「ダイエットオイル」として「免疫力アップ」などの健康効果が期待できるオイルとしても、注目されて年々値上りしています。もちろんインドでも神聖な儀式

や、インドスイーツ、美容にも使用されて日常に欠かせません。バターのように食べやすいのが特徴です。