【パリの凱旋門と同じ?】デリーにあるインド門について

2019年12月5日

転載

138フィートの戦争記念碑は、第一次世界大戦と第三アングロアフガン戦争の間に命を犠牲にした8万人以上のインド人兵士に敬意を表します。インドのパリの凱旋門を彷彿とさせるデザイン、インド門はインドで最も有名な建造物の1つであり、帝国戦争墓地委員会(現在のコモンウェルス戦争墓地委員会と呼ばれる)の最も貴重な記念碑は責任ある組織として設立されました第一次世界大戦で死んで行方不明の兵士を埋めて記念したことに対して。このプロジェクトの一環として、全インド戦争記念館が設置されました。名前は後で変更されました1921年2月10日に、インド門のための基礎石は軍の儀式でコノート公爵アーサー王子によって築かれました。この記念館は10年後に完成し、1931年2月12日に当時インドのヴァイスロイであったアーウィン卿によって発足しました。ニューデリーの街のデザインにおいて最も重要な役割を果たしたエドワード・ルティエンス卿が任命されましたインディアゲートのチーフアーキテクト。複合体全体の形状は六角形で、面積は約306,000平方メートルです。 

転載ここまで 

パリの凱旋門に似たインド門は高さが42mあり、第一次世界大戦の約9万人にも及ぶインド兵の戦死者を弔うために建てられました。

アーチの部分には戦没者の名前が刻まれていて、私も実際に見ましたが沢山の名前が書かれていました。

夕方になるとライトアップされたりします。 

周りには遊ぶ人や、観光客、普通に昼寝してる人などいますがインド人の観光客が占めています。 

また客引といってペンを売っりする人達もたくさんいます。  

周りの道路がサークル状に丸くなり目印が大統領官邸の赤い建物くらいしかありません。また車で行く場合、入り口、出口が違うため、ドライバーと待ち合わせ場所を決めておいた方がいいです。

豆知識 

インド門はパリのエトワール凱旋門をモデルに建てられた。  

インド門を東端とし、東西に伸びるラージパト通りは西端の大統領官邸と結ばれてる。  

共和国記念日の1月26日この通りで盛大なパレードが行なわれる。