【最大級のコーポレートキャンパス】アマゾンがインドで事業拡大を狙う

2019年9月24日

転載 ここから 

[ハイデラバード 21日 ロイター] – 米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は21日、インド南部ハイデラバードに、同社として世界最大規模となるコーポレートキャンパスをオープンした。インドでの事業拡大に向けた取り組みの一環。

アマゾンは、約3万8400平方メートルを超える新キャンパスの新設に数十億ドルを投資。クラウドサービス事業のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)など幅広い部門が置かれ、インド国内で働く6万2000人の約3分の1に当たる1万5000人超の社員が勤務することになるという。

アマゾンは今年に入り、ニューヨーク市に予定していた第2本社の一部を新設する計画を断念。当面はニューヨークに代わる候補地探しを再開しない方針を示していた。

https://jp.reuters.com/article/amazon-com-india-idJPKCN1VC02Z

転載ここまで  

インドのeコマース市場をめぐり、アマゾンがウォルマートに打ち勝つためにインドで人気が有ったflip cartを買収したり、何かとeコマースが熱いです。 

実際サービスに近いがあると言われてみると、デリバリー自体日本のようにスムーズに行かないため 

フリップカートの方がインド人には人気があります。また販売する側ではアマゾンの方が人気が有ります。  

因みにインドでも

アマゾンプライムも入れ、約130ルピーくらいです。また ちょっと面白い利用方法は日本で高値で売られるパソコン系や、サプリメントなどの相場を知る事ができます。