【インドの文化や習慣】インド駐在前に知っておきたい66の特徴

2019年9月24日

インドには驚きの習慣や根強い宗教的な事柄が多く、初めては訪れた際には、きっと驚きの連続です。 

1,000以上違いはありますが中でも特に驚きの66の違いを紹介します。 

1.英語が話せる人がほとんど 

2.地図が読めない 

3.ノーと言えないため、全然違う場所を案内する 

4.夜10時くらいが夜ごはん 

5.サラダはただ切った野菜のことレタスとかは食べない 

6.ステンレスのお皿が一般的 

7.ナンは食べない

8.お茶の時間が必ずある 

9.オフィスにいるとチャイタイムが何度もある 

10.サブウェイではなく地下鉄をメトロと言う 

11.デリーは都会なのでサリーを着ている人は少ない 

12.2パーセント以下のシーク教はデリー空港にたくさんいてる 

13.タクシーは道では拾えない 

14.イスラム教は時間になるとたとえ列車内でもお祈りをはじめる 

15.観光地や、ショッピングモールは必ずセキュリティチェックがある 

16.クレジットカードが使えるとあっても壊れてます使えませんなど勝手な理由でキャッシュ支払いを強いる 

17.お見合い結婚が80パーセント 

18.宗教が同じ人と結婚することがほとんど 

19.名前で宗教、またはカーストランクがわかる 

20.初めてインド人と話す時自分より身分が上か見てくる習慣がある 

21.タバコは家族前では印象が悪く隠れて吸う 

22.禁酒州がいくつかあるがその州の人はお酒好きが多い   

23.隣の州まで行きお酒を買う。  

24.州によってお酒の税金比率が変わる。 

25.選挙中はレストランなどでお酒が飲めない、酒屋も酒を販売できない 

26.4月が日本の8月に当たる  

27.気温は45度くらいに上がるため洗濯物がすぐに乾く 

28.ローカルには噛みタバコが人気

29.インドにも冬はある 

30.インド人は氷が苦手(富裕層は氷が好き)

31.ベジタリアンだがノンベジよりカロリーが高いものを食べてる

32.基本的にベジタリアンが多い卵も食べないピュアベジがいる 

33.ジャナイナ教には根菜類を一切食べないベジタリアンがいる 

34.インドは他宗教で80パーセントがピンズー教を締める 

35.日本人の様に無宗教はいない 

36.シャワーは朝入る   

37.いつなんどきでも携帯電話を片時も離さない 

38.お釣りがないときはチョコや、飴が渡される  

39.お釣りないからとあってもないふりをされる 

40.列に並ぶと身体をベタ付けされる 

41.例に並ぶ概念が薄く横入りがある 

42.日本人のいいえの、首を横に振るのはインドではOKを意味する 

43.小指を立てると、日本は彼女の意味だがインドではトイレで小便をしたいですの意味になる

44.男同志友情として手を繋いで歩く  

45.お寺に入る際は靴を脱がないといけない 

46.大の子供好きなので子供と歩くと抱っこされたり写真を撮らせてと言われる 

47.街が動物園並みに動物が見られる 

48.牛優先道路 

49.バイクと車がぶつかっても警察を呼ばない 

50.ビジュラと言われているおカマは縁起が良く結婚式にわざわざ呼ぶ場合もある

51.結婚式は3日から1週間続く  

52.結婚は女の方がダウリと言って、支度金を用意する。 

53.支度金額が高い方が結婚相手に選ばれやすい。 

54.田舎では支度金が低いと恨まれたりするトラブルがある 

55.観光地では必ず日本語がペラペラなインド人がいる

56.バイクは家族で乗るため、3人いっぺんに乗る

57.アイフォーン4.5がまだまだ根強い人気

58.サーバント、シェフ、ドライバー、アイロン人、庭手入れの人、ドライバーなど富裕層はたくさんの使用人を一家で雇う 

59.ドアを開閉するドアマンがいるため自動ドアは少ない 

60.薬がビックリするくらい大きい 

61.野菜が全体的に小ぶり 

62.約60の言語と、約600以上の方言がある 

63.優秀なお医者は海外に出ている 

64.イスラム教は呪文で離婚を強いられる時がある 

65.タージマハルは、お墓 

66.タージマハルの向かいに黒いタージマハルを作る予定だった